"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Hideki Miyata's Bookshelf Hideki Miyataさんの本棚

表示順

1 / 1 Page

Note List ノートリスト

題名が題名だがちゃんとした?小説。
歌手として成功を収めた橘百合子が37年前の運命の日を振り返る。
もしもあのときもう一つの選択をしていたら・・・
「もう一つの過去」のストーリで、本当の過去では歌手にったためすぐに音信不通となってしまった片桐と再会し、恋愛、結婚生活を、昭和初期の描写を交えて進んでいく。
この昭和初期の事件や出来事、自動車、テレビジョン技術、風俗、生活環境の細かな描写がすごく、昭和初期を克明に記録しているような感じも受ける。
ただ、最後のオチがいまいちピンとこなかった。

2011-11-21 01:01:10

佃航平が退職を申し出た部下に対して言った、"仕事は2階建ての家みたいなものだ"という一節に共感。
"一階部分は、飯を食うためだ。必要な金を稼ぎ、生活していくために働く。だけど、それだけじゃあ窮屈だ。だから、仕事には夢がなきゃならないと思う。それが二階部分だ。夢だけ追っかけても飯は食っていけないし、飯だけ食えても夢がなきゃつまらない。"(P.337-338より引用)
部下の返事のとおり、ちと"青臭い"セリフなのだが、2階はまだ完成してないよな、と思い出させてくれた意味で感謝!

2011-11-07 22:53:36

手帳の種々の使い方のパターンが載っていたが、スケジュール以外にも目標設定の記入、ライフログ的な記入を行って、何度も見直す点は自分にも取り入れたい

2011-10-23 23:53:57

Wanted Book List 読みたい本リスト

News! 現在、リニューアルに伴いベータテスト中です。