"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

李陵・山月記 (新潮文庫)

中島 敦

新潮社

発売日: 2003-12

李陵・山月記 (新潮文庫) Satoshi Shiozawa さんのノート

心の傷だけならば時と共に癒えることもあろうが、己が身体のこの醜悪な現実は死に至るまでつづくのだ。(中略)しかし何処が悪かった? 己の何処が? 何処も悪くなかった。己は正しいことしかしなかった。強いていえばただ、「我在り」という事実だけが悪かったのである。

2011-01-24 00:06:44