"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Daisuke Ueno's Bookshelf Daisuke Uenoさんの本棚

表示順

1 / 3 Page

Note List ノートリスト

一気に読んでしまった。ベンチャー企業の新設に類する本は数あれど、生保に関するものって少ない(たぶん、無い)んじゃないかな。認可取得から、現在の会社の運営になるまで多大な苦労があったと思う。書中では結構さらっと書かれていたので、もう少し掘り下げた内容の続刊があれば読みたい。お勧め。

2011-05-03 09:15:49

生保の販売資格を持ってる私からは内容は平凡。生保をよく知りたい(歴史とか原価とか)方にはお勧めかと。やはりなー、というところは「insuarance」と「セイホ」の受け取られ方が日米で違うという記載。日本では良くも悪くも「セイホ」と蔑まれるのは日本の実情か。この点はまたどこかで。

2011-04-03 13:06:43

格付業界が舞台の小説。格付会社としての公共性、また収益をどう追求したのか、そしてワークライフバランスが書かれている。文中では収益を求めた結果、格付の質を貶めてしまう下りがあり、収益と質がトレードオフしない仕事について自問。「どぶ板を踏む」この本で改めて好きな言葉に。単純だ(笑)

2011-03-24 01:22:41

日経ビジネスオンラインで著者インタビューを目にして購入。作中、某社間の株式売買合戦における主人公の営業については節操(&コンプラ)がちょっとねと感じたものの、「overwhelmする」という執念にはビリビリきた。単純なことに(笑)私の好きな言葉はここからもらっています。

2011-03-24 01:06:27

Wanted Book List 読みたい本リスト

Wow! 読みたい本はまだ登録されていません

News! 現在、リニューアルに伴いベータテスト中です。