"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Note List ノートリスト

これほど引き込まれた本も久しぶり。
原発から教育まで日本の問題点、国民DB、道州制、税制改革、真の国際貢献、どれも興味深い内容です。
国家レベルの話ではあるが、普段の生活や仕事にも言える事だと随所に思わされた。大前信者でなくてもオススメの1冊です!

2012-05-05 13:58:01

まぁ、あいかわらず、世の中の事全部知ってるかのような、
本の中での、立ち振る舞いと筆の流れが見事です。
”日本人は追い込まれたほうが強い”の項は、個人的には、それを
知ってるから、各国が、追い込みすぎない程度に動きと思考を止めておく戦法で今まで外交してるんじゃないかしら。と思ってたりします。
”政治家は何も決められない国。でもつっぱしり始めると止まらない国”大前さんの本の凄い所の一つは、どんな分厚い本も、もったいぶらずに目次だけ読んだら論旨と主張が明確になってる点でしょうか。
”国民ID制にして、18歳成人で高校義務化して、道州制にして、所得税と法人税少なくして、移民呼び込んで、日本人のソフトスキルを輸出する。”
すげー。一文で書けるけど、議論してても決まらない事の濃縮還元ジュース。独裁者が出てこないと何もできない国。

あと、大前さんの学校の学生の雰囲気が、
昔は、ベンチャー立ち上げてやるといった、
目がギラギラした若者がたくさんいたけど、
今は、NPOで世界貢献するという、
目がキラキラした若者ばかりになってしまった。
といったフレーズが、感慨深く感じました。

2011-11-26 12:09:58

My Note List この本のマイノートリスト

Wow! ノートはまだありません

Recommended Books こちらもいかがですか?

スティーブ・ジョブズ II

ウォルター・アイザックソン(著)
井口 耕二(翻訳)

講談社

スティーブ・ジョブズ I

ウォルター・アイザックソン(著)
井口 耕二(翻訳)

講談社

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

デビッド・カークパトリック(著)
小林弘人 解説(その他)
滑川海彦(翻訳)
高橋信夫(翻訳)

日経BP社