"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

・あなたの感想を共有しよう

・自分だけの本棚を作って記録しよう

・みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

Readers この本の読者

17 Readers

and more.

Note List ノートリスト

「下町ロケット」池井戸潤の作品。この作品でも直木賞の候補にもなっていた。フィクションではあるがベースは昔あったリコール隠しによる不幸な事故の話 で、池井戸潤はその筆力でノンフィクションのような迫力をだしている。力作です。

2012-06-14 23:17:23

「下町ロケット」池井戸潤の作品。この作品でも直木賞の候補にもなっていた。フィクションではあるがベースは昔あったリコール隠しによる不幸な事故の話 で、池井戸潤はその筆力でノンフィクションのような迫力をだしている。力作です。

2012-06-14 23:17:18

「下町ロケット」池井戸潤の作品。この作品でも直木賞の候補にもなっていた。フィクションではあるがベースは昔あったリコール隠しによる不幸な事故の話 で、池井戸潤はその筆力でノンフィクションのような迫力をだしている。力作です。

2012-06-14 23:17:08

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:57:53

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:57:44

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:54:53

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:50:29

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:50:12

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:50:06

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:49:58

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:49:50

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:49:31

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:49:22

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:48:34

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:48:16

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:48:10

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:48:05

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:48:01

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:47:29

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり

2012-06-14 22:47:22

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:46:48

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:46:42

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:46:37

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:42:31

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:41:18

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:41:13

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:40:52

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:40:47

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:40:41

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:40:39

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:40:37

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:39:24

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:39:17

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:39:13

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:39:08

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:39:02

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:38:53

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:38:48

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:38:44

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:38:39

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者いの筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:38:34

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:38:19

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:38:08

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:38:03

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:37:53

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 22:37:35

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:35:05

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:34:51

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:34:24

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:34:06

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:34:00

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:33:54

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:33:49

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:33:41

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:33:34

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:33:27

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:31:48

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:31:39

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:31:18

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:30:38

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:30:06

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:29:54

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:29:45

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:29:38

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:25:11

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:24:45

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。フィクションではあるが、ベースには以前財閥系トラック会社が起こしたリコール隠しに纏わる事件があるのだが、筆者の筆力によりノンフィクションのような迫力をもって迫ってくる。旧態依然とした会社に疑問を持つ社員、その企業力に疑問を持ち系列銀行故に理不尽なプレッシャーを受けながらもはねのけようとする銀行員、大企業と敢然と戦う中小企業社長、理不尽な噂に悩ませられる家族等々が素晴らしい筆致で描かれている。力作です。一読の価値あり。

2012-06-14 22:24:37

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:45:57

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:45:50

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:45:18

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:44:41

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:44:23

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:44:18

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:44:11

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:42:25

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:40:51

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:38:22

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:37:55

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:33:14

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:32:29

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:32:20

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:30:20

「下町ロケット」の池井戸潤の作品。この作品でも直木賞候補には挙がっていた位面白い。フィクションではあるが、昔あった財閥系のトラック会社が起こした、リコール隠しが原因となった事故の話がモチーフとなっている。大企業のなかでその体質に疑問を持つ社員、大企業に敢然と立ち向かう中小企業社長、またその渦中にいろいろないやがらせに巻き込まれる家族、それらの人物が生き生きと描かれていて脚本を読んでいるような錯覚をもったほどだ。力作です。

2012-06-14 21:29:39

Recommended Books こちらもいかがですか?

ジェノサイド

高野 和明(著)

角川書店(角川グループパブリッシング)

News! 現在、リニューアルに伴いベータテスト中です。