"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Readers この本の読者

Note List ノートリスト

歴史小説でも武将や志士とは違う熱さを感じた。
考えさせられることも多く、すっごい体力が消耗した気がする(; ̄д ̄)
誰でもわかる仏教の本的なものは何冊か読んだことあったが、はるかに濃く深く得られるものは多かった。根本的な考え方は違っても。
以下、読んでて話に関係なくても頭に浮かんだことをEvernoteにメモした内容。

何かを成す、達する
理念に沿った目標を具体的に定め、現状の自分の状態を正確に把握し、足りない部分、ギャップを解決できる課題のレベルまで細分化する。
課題を解決するための最適なやり方 をPDCAの螺旋にのせて、律する。

律する
誓約と制約、習慣、継続。生み出す力も大きいが破ったときの破壊力もまた大きい。
律するものの選択。全て律したところで逆効果になる。自分に合った律するものを選択しなければならない。最適な解はない。それはあくまでオリジナル。

選択
何かを得てから何かを捨てるという順番で成せるほど甘くないし、強くもない。
得るために捨てるのか、捨てることで得られるのか。
「選択というのは、二つのなかからどちらかを選びだすことではない。それは片方を捨て、片方に身命をかけることで、魂が二つに引き裂かれる恐ろしい行為でもある。」

何かを成そう、達しようと考えると、それが大きければ大きいほど、リスクと孤独がつきまとう。

先達の言葉を借りるならば、人生は一度と考えると、時間の流れを考えると、何もしないことのリスクの方がはるかに大きい。

ただ、言うは易し。

2012-03-31 22:57:58

My Note List この本のマイノートリスト

Wow! ノートはまだありません

Recommended Books こちらもいかがですか?

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ(著)
外村仁 解説(その他)
井口耕二(翻訳)

日経BP社

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

レイチェル・ボッツマン(著)
ルー・ロジャース(著)
小林 弘人(監修)
関 美和(翻訳)

日本放送出版協会

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン(著)
小林弘人(監修)
小林弘人(監修)
高橋則明(翻訳)

日本放送出版協会

スティーブ・ジョブズ I

ウォルター・アイザックソン(著)
井口 耕二(翻訳)

講談社