"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Takeshi Tanie's Bookshelf Takeshi Tanieさんの本棚

表示順

1 / 25 Page

Note List ノートリスト

現場と上位層で板挟みになるマネジャーが成果を最大化するには、どれだけジレンマを許容できるかが重要との考えになるほどー。
確かに、納期と品質のどっちをとる?と言われて、簡単に割り切れるものではない。
やはり相反する判断軸の間でバランスをとりながら成果を最大化していく姿勢が欠かせないのだろう。
もう一つ、自律的に動ける現場の実現は、自からの頭で考え、判断を下す経験を積ませることだという。
必要に応じてフィードバックしつつ、『判断を下す経験』を多く積ませる...こちらも納得!

2012-01-21 02:26:37

全体的にとても読みやすく、特に管理者なら悩んだことがありそうな人材育成の悩みなどに著者の見解を素直に展開している。
「ベーコンエッグをつくるには、ニワトリは参加(卵を提供)すればいいが、豚は献身(自らの体を提供)しなければならない」。僕たち上司は往々にして「献身」をせずに、「参加」してしまう。自分は果たしてどちらであろうか?心したい。部下の問題点を指摘するだけでは、信頼は得られない。あたりまえのようだが、振り返ってみる価値はありそうだ。

2011-10-19 00:56:39 (111 Page)

システムは建築物や自動車のようにかたちのあるものではない。

全体把握、全体を見わたすことは困難

だからこそ、目の前のことだけではなく、より広い視野をもち、高みをめざそうというする気持ちが重要
(自分の働き方をどう変えるのがいいのか、自ら考えられる)

2011-05-19 12:58:32 (80 Page)

「IT投資プロセスからは、コッター教授の1~2番目、そして8番目の視点がこぼれがちであろうということです。」
1.緊急課題であるという認識の徹底
2.協力な推進チームの結成
8.新しいアプローチを根づかせる
IT導入による変革といいつつ、やはりその中心は「人」だな。

2011-05-19 12:48:05 (77 Page)

「初めてのお誘い」は、仕事を投げ打ってでも行くべき
これ!大事だと思う。でもなかなかできない...縁はやはり大切にすべし!

2011-03-13 22:49:01 (165 Page)

もっと読む

Wanted Book List 読みたい本リスト

News! 現在、リニューアルに伴いベータテスト中です。