"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Note List ノートリスト

はじめてギターを手にした時、最初に弾いた曲は「井上陽水」の(能古島の片思い)だった。(単純模倣)コードをいくつか覚えて、和音の意味がわかってくるとアンサンブル(複数のギター)で役割分担をして効果的な全体の響きを意識するようになる。(横展開)電気ギターというイノベーションを経て、バンド(乗り物が変わる)になると、イーグルスやドゥービーブラザースの完全コピーをするようになり、ジョー・ウォルシュのチョーキングの後のビブラートができなくて悩む。(単純模倣の限界を知る)他のバンドのアンサンブルやコード進行を参考にする。(反面教師)次の段階では、メロディーメーカーが派生し、バンドは独自の進化を始める。(自己否定と横展開の繰り返し) 結果ビッグアーティストが生まれる。
経営が模倣から始まることを、経営者はみな知っている。
「模倣できない仕組みが模倣によって築かれる」ことを成功と呼ぶなら、「真似が上手な経営者」が勝者であり、その他大勢が、「真似が下手な経営者」であり敗者であるのかも知れない。
私の拙い経験では、「真似が上手な経営者」は、真摯さがある人だと思います。「真摯さは姿勢」ですから「素直な人」と言い換えることができます。良い「模倣」を先人から学ぶことができる良書です。

2012-03-15 08:58:52

My Note List この本のマイノートリスト

Wow! ノートはまだありません

Recommended Books こちらもいかがですか?

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ(著)
外村仁 解説(その他)
井口耕二(翻訳)

日経BP社

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

レイチェル・ボッツマン(著)
ルー・ロジャース(著)
小林 弘人(監修)
関 美和(翻訳)

日本放送出版協会

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン(著)
小林弘人(監修)
小林弘人(監修)
高橋則明(翻訳)

日本放送出版協会

スティーブ・ジョブズ I

ウォルター・アイザックソン(著)
井口 耕二(翻訳)

講談社