"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

自分のアタマで考えよう

ちきりん(著)
良知高行(イラスト)

ダイヤモンド社

発売日: 2011-10-28

Readers この本の読者

Note List ノートリスト

まとめ「考える」って結局どうするの? ◎いったん知識を分離する ◎意思決定のプロセスを決める ◎なぜ?だからなんなの?と問う ◎あらゆるか可能性を探る ◎縦と横に並べて比較してみる ◎判断基準の取捨選択をする ◎レベルをごっちゃにしない ◎自分独自のフィルターを見つける ◎データはトコトンおいかける ◎視覚化で思考を深化させる ◎知識は思考の棚に整理する

2013-12-01 16:33:21 239p

瞬時になにかを考えつく人の頭の中には、「次に自分がほしいのは、こういう情報だ」ということが明確にされた「思考の棚」が存在しているのです。

2012-03-03 15:26:42 226p

2012,2,4読み終わり。最近、人を納得させることができる「語り方」「提案の仕方」「存在になること」など考えることが多くなりました。自分にはまだまだ足りないことばかりで悩む毎日ですが、この本は強烈にヒントを与えてくれました。ちきりんさんの前作「ゆるく考えよう」を読んで、とても世の中の神髄を見ぬく力の強い方だと感動した記憶が強いですが、その理由が少し見えました。考える力をしっかり身につけたいと思います。

2012-02-04 16:43:44

My Note List この本のマイノートリスト

Wow! ノートはまだありません

Recommended Books こちらもいかがですか?

本を読む本 (講談社学術文庫)

J・モーティマー・アドラーV・チャールズ・ドーレン

講談社

人を動かす 新装版

デール カーネギー(著)
Dale Carnegie(著)
山口 博(著)

創元社

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

マイケル・サンデル(著)
Michael J. Sandel(原著)
鬼澤 忍(翻訳)

早川書房

一生折れない自信のつくり方

青木仁志(著)

アチーブメントシュッパン

告白

湊 かなえ

双葉社

7つの習慣―成功には原則があった!

スティーブン・R. コヴィー(著)
ジェームス スキナー(著)
Stephen R. Covey(原著)
川西 茂(翻訳)

キングベアー出版