"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

催眠〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ラーシュ ケプレル(著)
ヘレンハルメ 美穂(翻訳)

早川書房

発売日: 2010-07-30

Readers この本の読者

Note List ノートリスト

スゥーデン発のサスペンス小説。発表当初作者が本名で発表していなかったので様々な憶測を読んで、それも話題になったそう。スウェーデンといえば映画化され、ハリウッドリメイクもされた「ミレニアム:ドラゴンタットューの女」が有名だけど、この作品も負けず劣らずえぐい描写が随所に出てくる本ではある。主人公の精神科医が過去治療の際催眠を使っていたのだが、それがもとで事故が起き訴えられる。新事件の際、警察に懇願され封印していた催眠を行うのだが、それをきっかけに家族が事件に巻き込まれている。誰が関与しているのか、警察の必死の捜査と主人公の妻の父だが元敏腕刑事だった人間が動き回ることで絡み合った糸が少しずつほぐれてくる。様々な可能性にあたり続けるがはずれが続くのだが、催眠というキーワードでつながった過去の記憶が事件を解く鍵となる。
翻訳が残念だけれども、内容はかなりいいです。梅雨の週末の読み物やながい飛行機での旅行のおともとしてはいいかも。

2012-06-10 18:44:51

My Note List この本のマイノートリスト

Wow! ノートはまだありません

Recommended Books こちらもいかがですか?

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ(著)
外村仁 解説(その他)
井口耕二(翻訳)

日経BP社

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

レイチェル・ボッツマン(著)
ルー・ロジャース(著)
小林 弘人(監修)
関 美和(翻訳)

日本放送出版協会

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン(著)
小林弘人(監修)
小林弘人(監修)
高橋則明(翻訳)

日本放送出版協会

スティーブ・ジョブズ I

ウォルター・アイザックソン(著)
井口 耕二(翻訳)

講談社