"ひとり" から "みんな"との読書へ

<ソーシャルリーディング> SNSを利用した新しい読書体験

あなたの感想を共有しよう

自分だけの本棚を作って記録しよう

みんなの感想と本棚であなたの1冊を見つけよう

無料

見るのも書くのもOK

便利

外出先でもノートが書ける

共有

みんなの本棚、ノートを見よう

共感

ノートでつながりを深めよう

本のいいねをシェアしよう!

  • 無料

    見るのも書くのもOK
  • 共有

    友達にも見せちゃおう
  • 便利

    外出先でもノートが書ける
  • 共感

    ノートでつながりが深まるかも!

Readers この本の読者

and more.

Note List ノートリスト

文庫が出てすぐに買って早数ヶ月。以前、立ち読みであらすじは分っていたので、映画を見てから読むか、読んでから見るか悩んだけれども、待ちきれず読んでしまいました。
知ってはいたけど、菊田の扱いがあっさり過ぎてビックリ。予告みてると、そんな事ない気がするので、映画じゃどうなるのか楽しみだ♪

2013-01-22 00:31:12

姫川玲子シリーズ第4弾にして映画「ストロベリーナイト」の原作。
ある暴力団関係者の殺人事件から、9年前の警視庁の失態が芋づる式に繋がっていく危険性を察知した幹部たちは、匿名でたれ込まれた殺人試験の容疑者を捜査しないことを命令する。しかし、その理不尽さに納得がいかない玲子は、単独で調査を開始する。
これまで様々な場面で、ときにぶつかり合い、ときに励まし合いながらも事件を解決に導いてきたチーム姫川。しかし、本作ではそのチーム姫川の面々のみならず、反目しあいながらもお互いを認め合っている日下警部補、手段を選ばない操作すらいとわないガンテツこと勝俣警部補すらもほとんど活躍の場を与えられていない。玲子が過去のキズを引きずりながらも恋に落ち、あろう事か警察組織を裏切る行為にすら走ってしまうあたりから少しずつチームの崩壊がはじまり、ひとつのカタルシスをもって物語は終局する。落としどころとしてはそうなのかもしれないと思いながらも、あまりにもやるせない。
しかし、砕け散って終わりではなく、再生への息吹を感じさせるラストであったことが、わずかな希望として残されている。今後、あの面々でパートナーとして協力し合い、ときには笑いあう、そんな日々が戻ってくるのか、誉田哲也という作家の活躍とともに気になるところである。

2012-08-08 00:10:28

My Note List この本のマイノートリスト

Wow! ノートはまだありません

Recommended Books こちらもいかがですか?

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

カーマイン・ガロ(著)
外村仁 解説(その他)
井口耕二(翻訳)

日経BP社

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

レイチェル・ボッツマン(著)
ルー・ロジャース(著)
小林 弘人(監修)
関 美和(翻訳)

日本放送出版協会

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

クリス・アンダーソン(著)
小林弘人(監修)
小林弘人(監修)
高橋則明(翻訳)

日本放送出版協会

スティーブ・ジョブズ I

ウォルター・アイザックソン(著)
井口 耕二(翻訳)

講談社